安全を確保して煙突の足場を組んで解体する業者

煙突の解体作業を安全に行うとき、しっかりした足場を組むことが大切です。足場施工に熟知し、経験と知識が豊富な業者であれば、順番よく足場を組むことができます。周囲への配慮と影響を取り入れた施工では、30メートル以上の煙突にも対応可能。煙突の高さに対応できるこの煙突の解体に必要な足場を施工する業者や、施工内容についてご紹介します。

煙突の解体をするときは周辺環境に配慮した足場工法で行う

煙突の解体をするときは、周辺環境に配慮した工法で行う業者は、工事の際に出る粉塵が周囲に飛び散らないようシートで煙突を囲います。ダイオキシンやアスベストを地域住民の元へ漂わないよう配慮を徹底。また、解体工事では騒音の問題も起こりますが、極力音が大きくならないよう心がけた解体工事も行っています。業者の中には特許を取得済みの移動式足場を導入し、効率よく解体工事をします。煙突を切断して吊り上げ、ゆっくりと地面に吊り降ろします。その後、適切な処理方法にのっとり、業者は解体した煙突を処理しますので、すべてを任せられるため安心です。

高層煙突も解体できる足場を組むこともできる

高い技術と豊富な経験のある業者では、高層煙突も解体できる技術力があります。街中にある10メートル級の銭湯の煙突から工場の100メートルもあるかなり高い煙突まで解体可能。技術と経験の豊富な解体業者なら、独立型から集合型、RC製煙突解体まで、さまざまな煙突の形状に対応できるのも特徴的です。また、汚水管理棟や焼却炉の煙突、RC製の自立型煙突まで、幅広い解体工事も任せられます。そのため、関東地区から九州地区まで幅広い地域を担当できるところも指示される煙突解体業者の魅力です。

大型クレーンを導入して煙突の足場の解体の工事期間を短縮する

頑丈な銅製煙突でも、大型クレーンを導入して、内部をライニング解体しながら工事期間を短縮するために外部では煙突の解体用足場を安全にしっかり設置することができます。また、一緒に建屋も解体できる業者は、自社製の使い慣れたゴンドラを使い、合理的に作業員が煙突を解体。このゴンドラは内部点検用と外部点検用と別となり、その用途に応じた機能性があるものです。性能のいいゴンドラで先に煙突内部と外部の清掃をして、点検もする業者は、低振動での解体し、依頼者の工期スケジュールにも合わせて、安心の予算内で解体工事を行うのも人気の理由です。

まとめ

どんな高さと素材、構造の煙突にも対応できる技術と経験を持つ解体業者では、周囲への配慮と安全も確保しつつ、スピーディに足場を組み、最後まで無駄のない作業をします。煙突の解体で悩んだときは、いろいろな業者の工事内容や、工事履歴などを比較できるサイトを使い、実績と技術力が高い煙突専門の解体業者に相談してみてはいかがでしょうか。