高い技術力を用いた最適な工法で煙突の解体工事をする業者

煙突の解体工法は、豊富な知識と経験を活かした解体のプロが、煙突内部、高所を人力で解体していきます。さらに性能のいい重機を用いて、独自の工法で安全かつスピーディに煙突を解体していきます。そんな煙突の解体を、高い技術とさまざまな工法を用いて作業をする業者の工法についてご紹介します。

優れた技術力を持つプロが重機を使って煙突の解体を行う

優れた技術力を持つ重機のプロが、煙突の解体を行います。先に、人力で煙突の上部を解体した後、高い解体能力を持って、地上より10から15メートルほどの部分を経験豊かな運転士が解体していきます。この工法であれば、スピーディに煙突の解体ができますので、工期を短くすることが可能です。煙突の周囲をしっかりシートで囲んで養生し、作業場所を確保。粉塵やアドベストなどの有害となる物質が飛び散らない対策をしたうえで煙突解体を行います。そして、運びやすいよう横引き力を低減するエアーキャスターを用いた運搬工法で、その状況に応じて、解体した煙突を運搬して処理する業者も増えています。

高い技術力が求められるワイヤーソーを使った工法での煙突解体

高い技術力が求められるワイヤーソーを使った工法での煙突解体ができる解体業者なら、ワイヤーを素早く高速回転させながら粉塵が極力飛び散らないよう工夫しながらコンクリートをきれいな輪切りにして切断していき、頑丈な煙突を解体することができます。このワイヤーには丈夫なダイヤモンドが入っているため、強固なものでも難なく切断できる優れものです。輪切りにしたコンクリートは地上でさらに重機によって3から5メートル毎に解体していき、運びやすくします。この解体した煙突は、場外で安全に運搬した後、信頼ある産業廃棄物許可業者に引き渡し、安全に処理してもらうので処理も任せられるのが魅力的なところです。

高さのある煙突の解体ができる優れた技術力を結集した解体工法

120から180メートルとかなり高さのある煙突にも応用できる太平ジャッキシステム。この解体工法では煙突の周囲に末広がりの形をした多脚型煙突解体工法を導入します。高い技術力が求められる難易度が上がる煙突の解体も、上の方から安全に解体していくことが可能です。また、のぞき窓やマンホールを炉外に使用して、炉内クリンカを除去していく太平式クリンカ落とし工法を用いての煙突解体作業を行う業者もあります。この工法なら、高熱、高温の炉内に入る必要がありませんので、より安全に煙突の解体ができるのが魅力的なところ。粉塵もひどく吸わずにできる解体工法として安心です。さらに工事着手も早くできますので、解体工事を早く終わらせたい場合に最適な工法になります。

まとめ

ハンマーやバールを使っての煙突解体では、高所部分のコンクリート片が下に落下しないよう人力ブレーカーで解体し、頑丈で壊しにくい部分は破壊専用機械を使うなど、解体業者は安全に作業をします。騒音を抑えながら煙突を人力で解体していくハンドクラッシャー解体工法も取り入れるなど、その煙突の高さや太さ、素材から最適な解体工法を選んで解体する業者に依頼すればより確実に煙突解体を進めることができます。